Category: 発芽玄米ダイエット

発芽玄米ダイエットの方法

1日1回から2回、発芽玄米をお米の代わりに食べるだけで、最近注文の発芽玄米ダイエットを実践することができます。発芽玄米は玄米より柔らかく、食味もいいことが特徴です。多くの人が抵抗感なくダイエットをすることができます。白米をそっくり発芽玄米に切り替えずとも、白米と発芽玄米を半々の割合で食べてもダイエットにいいようです。まずは白米と一緒に炊いて試してみましょう。

 

発芽玄米には空腹感を緩和してくれるフィチン酸という栄養成分が含まれています。ダイエット時の苦しい空腹感もほとんどなく、ダイエットをすることが出来ます。発芽玄米のギャバという成分が、ダイエット中のイライラも軽減してくれるので効果的です。発芽玄米だけを食べるのがきついと言う人は、2回のうちの1回を発芽玄米のみにしましょう。食事の全体メニューをダイエットに配慮することでも、効果をアップすることができます。

 

食事をする時に発芽玄米を同時に摂取することで、カロリーの吸収率を下げることができます。おかずだけの食事より、発芽玄米も食べるおかずの方がダイエットでは好ましいようです。発芽玄米ダイエットでは、リバウンドの可能性が低いという長所があります。発芽玄米ダイエットは食事量を大幅に減らすようなダイエット方法ではないので、ダイエット後に反動がくることも少ないといいます。

発芽玄米ダイエットが効果的な理由

ダイエットに発芽玄米がいいのは、複数の理由が存在します。一番はやはり、食べると基礎代謝量が増えると言う点です。

 

人間の体は、全く活動をしない日でも生きているだけでカロリーを使います。消費カロリーの70%あるというこのカロリーが基礎代謝です。体内の脂肪をエネルギーとして燃やしやすい人とは、基礎代謝の高い人です。基礎代謝が高ければそれだけダイエットがうまくいきます。

 

白米を主食にするより、発芽玄米を主食にした方が基礎代謝が高くなるといいます。これは、発芽玄米が血糖値の増え方を穏やかにする性質があるためです。すぐに糖が吸収されないことでエネルギーを必要とした体は、脂質を燃やす機能を高めるようになります。

 

血中の中性脂肪を調整する効果もあるため、メタボや生活習慣病を未然に防ぐことにもつながります。内臓と内臓の間に脂肪がたくさんできてしまうと、メタボになりやすくなります。内臓脂肪が貯め込まれている人は、生活習慣病の危険性が高いといいます。

 

発芽玄米がダイエットに適しているのは、食物繊維がたくさん含まれているため、便秘なども予防することができる為です。摂取カロリーを制限するダイエットでは食事量も減るので、便のかさ自体が減って便秘になりやすいようです。発芽玄米ダイエットの利点は、食物繊維が摂取できて便秘に良く、満足感の高い食事ができるためにストレスが貯まりにくいことです。

WordPress Themes