Category: 食事

ダイエットメニューとお肉

a1600_000202

 

ダイエット中だからと、肉抜きの食事メニューばかり食べているという人は意外と多いようです。なんとなく太りやすいイメージがあるからでしょうが、本当にダイエット中にお肉を断ってしまって良いのでしょうか。肉に含まれる栄養成分の中でも体に必要なものがありますので、食事メニューから外さないほうがいいようです。肉の種類や量をきちんと決めるて、ダイエットメニューに肉を使いましょう。

 

牛肉、豚肉、鶏肉の中でどれがカロリーが低いかとくのは一概には言えません。どの部位を使うか、どんな調理法で食べるによってずいぶんと違ってきます。ダイエットメニューに肉を用いる場合、脂身が使われていない部位の肉を使うようにするといいでしょう。牛肉の場合はバラ肉が一番高カロリーになります。赤肉の中では肩ロースのカロリーが一番高いようです。つまり、脂身を除去すればサーロインでも高カロリー食にならずに済みます。

 

ダイエットメニューとしてステーキを使うことは、できないことではありません。ダイエットをしている時は、鶏肉では特にささみ肉がよいといいますが、むね肉を使った料理もカロリーを低くできます。ダイエット中に鶏肉を食べたいときには、胸肉も利用するとメニューの幅が広がります。ダイエットメニューには選び方次第でお肉を取り入れることもできるので、栄養のためにもぜひ活用しましょう。

 

 

 

ダイエットメニューにおすすめの食材

ダイエットメニューを決める時に積極的使いたい食材とは、どういったものでしょう。ダイエット中の主食におすすめなのが、発芽玄米です。ダイエットには玄米食がいいという人は多いですが、浸水や炊飯に時間がかかったり、独特の食味が苦手という人もいます。

 

発芽玄米は、玄米よりも比較的食べやすい食材だとされています。長時間水につけておく必要もなく、さっとすすいでそのまま炊くことができます。白米に混ぜるときも、そのまま入れるだけなのでとても楽です。発芽玄米にはギャバという成分が含まれており、血中コレステロールや、中性脂肪量を調節する性質があります。脂質の代謝を促進してくれるので発芽玄米を取り入れたダイエットメニューは非常におすすめです。

 

ダイエットをしている時でも、オイルを使って食事をしたいと考えることもあります。オレイン酸を含有し、コレステロールを抑制する作用があるオリーブオイルが、ダイエットメニューに油を取り入れる時のコツだといいます。中性脂肪を低下したり、血液をサラサラにすることもできるのがオリーブオイルの特徴です。カロリーは多少ありますので摂りすぎはいけませんが、とても体に良いものなのでぜひ毎日のダイエットメニューに取り入れてみましょう。

 

 

 

ダイエットメニューの考え方

日々の食事内容に気を配ることが、ダイエットメニューを組み立てる際には重要です。ダイエットを健康的に行うには、毎日の食事を工夫することが大切だからです。米を一切食べない、肉を食べないといったダイエット方法はあまりよいやり方とはいえません。

 

身体的な負荷の強いダイエットはリバウンドがしやすくなりますので、その場限りのダイエット効果にしかならないといいます。毎日食事の量と内容を少しずつ工夫することで、無理なくダイエットをすることができます。ダイエットメニューを考えるときに目安となるのが、1汁3菜です。日本食のオーソドックスな形です。ご飯一膳、みそ汁一杯、肉や魚の主菜が一つに加えて、野菜系が二品つくものです。昼と夜にこのメニューで食べて、朝ご飯でパンなどの他に乳製品や果物を摂れば、ダイエットメニューとしてはかなり理想的です。

 

ダイエットメニューだからと、大幅なにカロリー量を減らしたり、空腹をこらえることもありません。日本食を軸にダイエットメニューをつくることが、最も合理的です。自然とダイエットにぴったりのメニューを組むことができるのです。これからダイエットをしようと思っている人は、毎日の食事メニューにに一汁三菜の考え方を取り入れてみてはいかがでしょうか。

WordPress Themes