Category: 増える体重について

増える体重を抑えるには

juunan480

 

体重増加を防ぐには、脂肪が増える原因となるカロリー摂取量を控えてたくさんカロリーを使うようにすることです。摂取カロリーを制限するというのは、脂っぽいもの、高カロリーの食事を改善して、栄養バランスの良い食事内容にするという事です。家で食べることが少ないと、1食当たりのカロリー量は多くなり、フルーツや野菜が少なくなります。増える体重を食い止めるには、食事の内容を見直し栄養バランスを整えることです。

 

体重を減らす為に大切なポイントがあります。体重が増えるのでカロリー量を減らすという取組は有用ですが、その他にもしたいことはあります。食事で得るカロリーの量を減らしたとしても、人間の体は少ないカロリー摂取量で生きていけるよう省エネ状態に体を移行させます。代謝が下がった結果、脂肪が燃えづらくなって体重が増えるということもありえます。体に必要な栄養素をまんべんなく摂取することがポイントです。

 

体内でより多くのカロリーを燃やすには、電車内で椅子に座らない、エスカレーターやエレベーターは使わない、家事をよくするなどです。日々の生活の中で運動量を増やすことを意識するだけでも、使うカロリーの量は多くできます。体重が増えることが期になる人は、まめに記録をつけ、積極的に運動をしてください。

増える体重と生理

生理によって体重が増えることがあります。食事で取り入れたカロリー量が体内で使うカロリーより大きい時以外にも、女性は体重が増える原因があります。体重が増える理由がホルモンの状態に関わることがあります。生理に女性が太る傾向があるというのはこのためです。

 

排卵期からしばらくは黄体ホルモンの働きが活発になり、水分や塩分を人体は貯め込みやすい状態になります。生理中に体重が1キロ程度増えるという人もいますが、普通の症状です。生理が終われば、水分や塩分を溜め込む事がないため増えた体重が戻ります。せっかくダイエットしても、生理の度に体重が増える体重が戻らないからとダイエットをあきらめてしまう人がいます。また、生理が原因でホルモンの分泌が乱れ、食欲が強くなる人もいるようです。

 

気持ちに負けて食べたいだけ食べては、体重が増えるのは当然です。生理中だからといっても、甘い物や油ものはほどほどにしましょう。これまでのダイエットで頑張ってきた分として少しだけ食べたり、好きなものの一部分を解禁するなどして、自分の中でバランスを取りましょう。カロリーの高い食品は、夜に食べるよりも消費しやすい朝食や昼食の時に摂取するようにしましょう。なぜ体重が増えるのか、その要因を分析してから食生活を改善することでダイエットがうまくいきます。

増える体重のメカニズム

なぜ人間の体重は増えるのでしょうか。体重を知りたくなくて計測せずにいたら、いつの間にか体重が増えるという体験談もあります。体重が増えるきっかけは、長期の休み中にいつもと違う食生活をしていたり、旅行やイベントなどで高カロリーの食事をすることなどです。何となく結果が予想できるからこそ、体重を測りたくないのです。

 

カロリーオーバーな食生活や、食べるばかりで体を動かさないことが、体重が増える主な原因として挙げられると一般的には言われているようです。体重が増えたと感じるのなら生活習慣の見直しをする必要があります。生活習慣の見直しだけでなく、体重が増えるメカニズムを理解する事も大切です。

 

体重が増える仕組みとは、つきつめていえば、使うカロリーが摂取するカロリーより少ないことが原因です。摂取するカロリーとは、普段の食事だけでなくドリンクや間食で得るカロリーも含みます。消費するカロリーとは、生命活動を営むために使っているものです。生活活動代謝という、体を動かしたり日々の活動をする上でも使うエネルギーもあります。食べ物を食べる時や消化する時に使われる食事誘導性熱産生も基礎代謝です。特定の食べ物を食べたから体重が増えるというのではありません。摂取エネルギーが消費エネルギーよりも多い事が続くと体重が増える可能性が高くなるのです。

WordPress Themes